山本KID徳郁が病気で激痩せ?現在職業は経営者で年収が凄い!

こんにちは、Yukaです。

格闘技はあまり詳しくないんですが、テレビで
試合をやっていると、ついつい見てしまいます。

毎日ストイックな練習を重ねているだけあって、
身体の筋肉がすごいですよね!
惚れ惚れしてしまいます。

総合格闘家山本KID徳郁さんもその一人。

レスリングから総合格闘家へ転向された、山本
KID徳郁さん。

一見、いかつくて怖いのかな?と思いますが、
実はとっても家族想いで、優しい方なんです。

しかし、山本KID徳郁さんが、なぜか病気と検索
されているようです。
激痩せとの関係はあるのでしょうか?

また、現在の職業もまとめてみたいと思います。
経営者の年収も気になりますね!

スポンサーリンク


山本KID徳郁のプロフィール

本名:岡部 徳郁(おかべ・のりふみ)
通称:KID・神の子
生年月日:1977年3月15日
出身:神奈川県川崎市
身長:163cm
体重:61kg
血液型:B型

引用元:wikipedia

 

Kid Yamamoto originalさん(@kid_yamamoto)がシェアした投稿


ミュンヘンオリンピックのレスリング日本代表
でもあった、山本郁榮(いくえい)さんの影響
もあって、山本KID徳郁さんは、幼い頃から
レスリングを始めました。

姉の美憂さんと、妹の聖子さんも元レスリング選手
で、レスリング世界選手権を制覇するほどの実力。

また、祖父は水泳のオリンピック選手だったそう
ですから、家族揃ってすごいですね!

神奈川県出身の山本KID徳郁さんは、横浜市にある
私立の桐蔭(とういん)学園高校へ進学されました。

桐蔭学園高校といえば、神奈川県内でも偏差値が
高く、また、多くの有名人も卒業されているんです。

ごく一部ですが、俳優の織田裕二さんや、水嶋ヒロ
さん、タレントで医師の西川史子さん。

芸人さんにも、椿鬼奴さんやジョイマンの高木
晋哉さんも !

しかも、RADWIMPSのボーカル野田洋次郎さんも
ここの卒業生なんですよ!

その他にも、ラグビーやサッカー、野球など、様々な
有名スポーツ選手を数々輩出している、文武両道
高校なんですね。

ところが、高校を中退して、単身でアメリカに
レスリング修行へ。

アリゾナ州の王者3度も輝いたそうです!

帰国後、山梨学院大学へ進学。

大学生の頃に母親を亡くし、家族は夢や目標を失い
落ち込んでいたそうです。
しかし、告別式の3日後
山本KID徳郁さんは大学選手権に出場し、優勝を果た
します。

かっこいいですね!

その他にも、在学中に数多くの実績を残したそうです。

しかし、大学も中退

ニックネームの「神の子」「KID」の由来は、
本人曰く、

「ミュンヘンオリンピックに出場した父親(山本
郁榮)は自分の中では神。だから俺は神の子(KID)
すなわち、
「格闘の神様の子供」

なんだそうです。

しかし、小柄な身体だった山本KID徳郁さんに、
まるで子供みたいだからと、大学のレスリング部
の先輩がKIDとつけたあだ名だとも言っていたそうです。

シドニーオリンピック出場を目指していましたが、
1999年の全日本レスリング選手権大会で惜しくも
準優勝という結果に。

 

オリンピック出場への道が絶望的になり、当時の姉の夫
であるエンセン井上氏に師事して、総合格闘技に転向

姉から総合格闘技のビデオを見せられたのがきっかけに
なったそうです。

2004年8月にモデルのMALIAと結婚し2人の子供を
授かりますが、2009年8月に離婚

子供はMALIAが引き取ったそうです。

2014年11月に、一般人の女性と再婚し、女の子が
産まれました。

 

Kid Yamamoto originalさん(@kid_yamamoto)がシェアした投稿

病気で激痩せ?

なぜか病気が検索されているようですね。

山本KID徳郁さんといえば、小柄ですが筋肉隆々で
たくましい印象ですよね。

しかし、一時期よりも痩せたように見えますが、
それが病気と関係あるんでしょうか?

レスリング一家に育ち、幼少の頃からレスリングを
はじめた山本KID徳郁さんは、試合に合わせて食事
節制で体重調整行っていたそうです。

その為、体重が増えにくい体質なんだとか。

現在の体重は61kgのようですが、修斗時代の契約
体重は65kg。

山本KID徳郁さんにとっての適性階級は60kg前後
階級なんですが、総合格闘技とK-1では本来より2階級
も上の、70kg級でも対応していたそうです。

全盛期には、

「俺より体重が20kg重い奴とでも戦う。
体重差なんて関係ねえ!」

とまで言い放っていたそうです。

しかし、2007年1月のレスリング挑戦の際に右肘を
脱臼。
総合格闘技に復帰した際には、

「今までは総合格闘技のメジャー団体で
俺に合う階級
がなかったから仕方なく
中量級(70kg級)で戦って
きた。
でも、これからは俺が軽量級を世間に広める」

と宣言したそうです。

それ以降は、極端に契約体重にこだわっていて、試合
の交渉が難航することが増えたそうです。

 

全盛期の体重が65kg級だったとしたら、現在の体重
61kg、4kgほどしか変わらないですが、体重制限が
あるスポーツをしているだけあって、体重にはかなり
慎重でしょうね。

激痩せされると、何か病気なのかな?と心配になり
ますが、格闘技のための体重制限なのでしょうね。

スポンサーリンク


現在の職業は経営者で年収が凄い!

2018年現在、格闘家でありながら、スポーツジムの
経営や様々なプロデュースを手がけるなど、違った
一面もお持ちなんです。

2004年には、山本KID徳郁さんがプロデュースする
アパレルブランドHARDHITを立ち上げました。

「HARDHIT」は、格闘技のみならず、日常生活の様々
なシーンに気軽に着用できる、フィットネス&スポーツ
カジュアルをコンセプトに展開されています。

2008年には、大田区馬込にスポーツジムYSAと、
自身が主宰する総合格闘技のジムKRAZY BEEを創設。

2014年7月には、山本KID徳郁さんがプロデュースする
カレー屋「Curry Shower」を品川区大井町にオープン。

残念ながら2015年8月2日に閉店されていますが、
現在は、YSAのカフェスペースで食べられるようですね。

2017年7月に、沖縄にKRAZY BEE糸満を、11月には埼玉県
越谷市にKRAZYBEE越谷を創設。

プロの格闘家が主宰するジムは、通いたくなりますね。

経営者としての才能も長けているんですね!
それに、格闘技のファイトマネーがプラスされたら、
一体いくらになるんでしょうか?

全盛期のファイトマネーが5,000万円だとすると、
ゆうに年収は1億超えそうですね!!

 

 

スポンサーリンク


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です