張富士夫の国籍は中国人?経歴や剣道の段を調査!トヨタとの関係は?

こんにちはYukaです。

全日本剣道連盟で新たな不正が発覚しまし
たね。

居合道(いあいどう)部門での昇段審査な
どの際、審査員に現金を渡して合格させて
もらう不正が横行していたとのこと。

最近のスポーツ界は、いろんな不祥事が目
立ちますね。

日本の伝統である武道でも、そんな実態が
あったなんて、なんだか悲しいですね。

全日本剣道連盟の会長である張富士夫
(ちょう ふじお)氏は、一体どんな方なの
でしょうか?

張富士夫氏の国籍は中国人なのか?
経歴や剣道の段トヨタとの関係について
まとめてみました!

スポンサーリンク


張富士夫の国籍は中国人?

 

GreenPriceさん(@greenpricehk)がシェアした投稿


張富士夫(ちょう ふじお)氏の名前を聞く
限り、姓が日本人ではないのかな?
という印象ですよね。

張富士夫氏の国籍はどこなのでしょうか?

ご両親の出身地を調べてみると、

父親は佐賀県出身
母親は山口県萩市出身とのこと。

お二人とも日本人のようですが、
張富士夫氏は旧満州大連市で生まれたそう
ですね。

張富士夫氏が生まれた1937年は、ちょうど
日中戦争が始まった年でもあります。

wikipediaに掲載されている
張富士夫氏のインタビューから抜粋すると、

「私の名字は張です。 韓国語でいうとチャ
ン(張)ですが、日本には珍しい名前で、
私の考えでは先祖が中国や韓国から来たの
ではないかと思います」

とのことです。

張富士夫氏のご先祖は、日本人ではなく、
中国人か韓国人の可能性が高いのですね。

両親の出身は日本ですが、息子の名前は
本人らしい「富士夫」と名付けたというこ
となので、両親の国籍も日本ではないので
しょうね。

経歴が気になる!

名前:張 富士夫(ちょう ふじお)
生年月日:1937年2月2日(昭和12年)
勲等:旭日大綬章

大学を卒業後、1960年(昭和35年)トヨタ
自動車へ入社

米国ケンタッキー工場の稼動開始などを担
当した後、1999年(平成11年)、奥田碩氏の
後任として社長に就任しました。

2005年(平成17年)まで務め会長に就任

ちなみに、張富士夫氏の役員報酬は、

・2009年の役員報酬は1億3200万円
・2012年の役員報酬は1億4400万円

だったそうですよ!

すごいですよね〜!

7年間の在任期間中、従来の車種を次々と
廃止し、多くの新車種を発表したそうです。

張富士夫社長在任中最後の年度決算となる
2004年度決算では、2000年(平成12年)の
日産自動車(カルロス・ゴーン社長)に続いて
同社史上最高利益を記録したそうです。

やり手ですね!!

退任後、後任の社長、渡辺捷昭氏によって、
在任中進められていたレクサスの日本展開
も果たされました。

トヨタの高級ブランドレクサスは、張富士
夫氏によって進められていたブランドだっ
たんですね。

2001年には、自動車殿堂(米国)による
「最も優れた業界リーダー」に選出された
そうですよ。

2013年には代表取締役会長を退き名誉会長
に就任し、豊田章一郎氏との2人の名誉会長
の体制になりました。

2017年6月の株主総会をもって名誉会長を退
任し、その後は相談役に就任しました。

トヨタ自動車株式会社名誉会長を務めた
張富士夫氏ですが、トヨタ自動車株式会社
以外にも多くの肩書きをお持ちです。

・株式会社デンソー社外監査役
・株式会社豊田自動織機社外取締役
・東和不動産株式会社監査役
・東海旅客鉄道株式会社社外取締役
・公益財団法人日印協会理事・副会長
・一般財団法人日中経済協会代表理事・会長
・一般財団法人全日本剣道連盟会長
・社団法人日本経団連副会長
・社団法人日本自動車工業会会長
・財団法人道路システム高度化推進機構理事長
・財団法人高速道路調査会副会長
・財団法人財務会計基準機構理事
・財団法人駐車場整備推進機構会長
・内閣の教育再生会議委員
・国土開発幹線自動車道建設会議委員
・ソニーの社外取締役
・在名古屋英国名誉総領事
・財団法人YFU日本国際交流財団理事
・全日本剣道連盟会長

引用元:wikipedia

なんだかすごいですね!

こんなに、覚えきれない。。

さらには、2006年にCNNが公表した
「重要な人物50人」の中の8人目として、
日本人で唯一選ばれたそうです。

スポンサーリンク


剣道の腕前は何段?

全日本剣道連盟の会長も務めている張富士
夫氏は、実際に剣道をやられた経験はある
のでしょうか?

また、剣道の上前や段も気になりますよね。

調べてみると、大学時代元警察庁長官の
國松孝次氏とは同じ剣道部で共に汗を流し
た仲だそうです。

張富士夫氏が主将國松孝次氏が副将を務
めたそうですよ。

主将と副将が後にすごい人になるなんて、
この時は周りの人も想像つきませんよね。

同じ剣道部員もすごい人が多いのでしょう
かね。

トヨタ自動車への入社も、剣道の試合で
声を掛けられたことがきっかけだったそう
ですよ。

現在(2018年8月)81歳になられる張富士夫
氏ですが、現在も1日300回ほど竹刀で素
振りをしているそうです。

すごいですね!

段まではわかりませんでしたが、かなり
すごい腕前だと思われます!

2011年に全日本剣道連盟副会長
日本体育協会第15代会長に就任。

2013年から全日本剣道連盟会長に就任。

2005年5月、日本トップリーグ連携機構副
会長に就任しているようです。

腕前だけでなく、肩書きもすごいですね!

トヨタとの関係は?

先ほど経歴でも触れましたが、改めて
トヨタとの関係をみてみましょう!

大学時代、剣道の試合で腕前を買われ
1960年(昭和35年)トヨタ自動車へ入社

米国ケンタッキー工場の稼動開始などを担
当した後、1999年(平成11年)、奥田碩氏の
後任として社長に就任しました。

代表取締役副会長を経て、2005年(平成17
年)代表取締役会長に就任

2013年には代表取締役会長を退き名誉会長
に就任し、豊田章一郎氏との2人の名誉会長
の体制になりました。

2017年6月の株主総会をもって名誉会長を退
任し、その後は相談役に就任しているとのこ
と。

長きに渡り、トヨタ自動車株式会社に貢献さ
れ、張富士夫氏はなくてはならない存在なん
ですね!

張富士夫は息子や結婚した妻(嫁)はいる?出身高校や大学はどこ?

2018.08.17

まとめ

全日本剣道連盟の会長である張富士夫氏は、
大学時代、元警察庁長官の國松孝次氏と同
じ剣道部で共に汗を流し、張富士夫氏が主
國松孝次氏が副将を務めたそうです。

大学時代の剣道の試合で腕前を買われ
1960年(昭和35年)トヨタ自動車へ入社

米国ケンタッキー工場の稼動開始などを担
当した後、1999年(平成11年)社長に就任
ました。

代表取締役副会長を経て、2005年(平成17
年)代表取締役会長に就任

2013年には代表取締役会長を退き名誉会長
に就任し、2017年6月の株主総会をもって
名誉会長を退任し、その後は相談役に就任
しているとのこと。

トヨタ自動車株式会社、全日本剣道連盟の
会長以外にも、多数の肩書きをお持ちでし
た。

武道の世界でも、金銭授受による段位や
称号を買うシステムは、古くから存在した
そうですが、今後はどうなるのでしょうか。

実力のある人にこそ、上に立ってもらいた
いですね。

スポンサーリンク


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です