宮部愛芽世(金蘭会)のプロフ!身長や出身中学を調査!姉が気になる!

スポンサーリンク


こんにちはYukaです!

高校生のスポーツで、春高バレーと甲子園って、
絶対観ちゃうんですよね〜^^

なぜかつい夢中に見入っちゃって、気づいたら
応援したりなんかして、しまいには、胸が熱くなってる
自分がいたりして。。

高校生が一生懸命になってる姿って、なんか
いいですよね^^
一緒に青春した気分になりますし^^

今回は春高バレー選手、金蘭会高校の
宮部愛芽世(あめぜ)さん
に注目してみたいと思います!

2017年の春高バレーでは、準決勝で敗退し、決勝へ進出を
果たせなかった金蘭会高校。

2018年、決勝への舞台に導いたのは、1年生アタッカー
宮部愛芽世(あめぜ)さんでした!

1年生でエースって、かっこいいですよね^^

今回は、宮部愛芽世(あめぜ)さんについて、プロフや、
身長出身中学についてまとめてみましたよ^^

関連記事:鍬田憲伸のプロフ!出身中学や進学先の大学はどこ?彼女はいる?

こちらの記事も合せてご覧ください!

宮部愛芽世のプロフ!

名前:宮部 愛芽世(みやべ あめぜ)
生年月日:2001年10月12日
出身:兵庫県
身長:174cm
高校:金蘭会高校
ポジション:ウィングスパイカー
最高到達点:304cm

現在(2018年1月)高校1年生で、今回が初の春高バレー
参戦となりました!

金蘭会の選手は、レギュラー全員が全日本ユース経験者
なんですって!
すごっ!!

準決勝では、強豪、下北沢成徳(東京)とあたり、
1―3で見事、下北沢成徳を破りました!

決勝への舞台へチームを導いたのは、1年生アタッカー
宮部愛芽世さんの力強いスパイクだったそうです!

この試合で宮部愛芽世さんは、チーム最多の19得点
をあげ、スパイク決定率は50%を超えたそうです!!

しかも、1年生エース!!
かっこいい〜!!

宮部 愛芽世さんの父親はナイジェリア人で、
日本人の母親とのハーフなんですね!

最高到達点が、元日本代表エースの木村沙織選手と同じ、
304cmなんですって!!

父親の血を引いていますから、跳躍力まだまだ伸びそう
ですよね〜!!
伸びしろいっぱいで、今後目が離せない選手になりそう
ですね^^
成長が楽しみです!!

毎日バレー部の主将には、『絶対に日本一になりましょうね』
って言ってるそうです^^
可愛いですね!

身長や出身中学を調査!

身長は174cmで、意外にもあまり高くないんですね!

木村沙織さんが185cmですから、そう考えると、
めちゃくちゃジャンプ力ありますね!!

高校1年生ですから、まだまだ身長も伸びそう
ですし、さらに跳躍力もアップしたら、無敵ですね^^

出身中学校はどこでしょうか?

高校と同じ、金蘭会中学校のようですね!

金蘭会中学校卒業生は、原則として全員が
金蘭会高等学校へ内部進学できるそうです。

スポンサーリンク


姉が気になる!

は、全日本にも選出された宮部 藍梨さんなんですね!

宮部 愛芽世さんと同じ、金蘭会高校バレー部のエースで、
卒業後は神戸親和女子大学に進学されました!

宮部 藍梨さんが卒業後に、入れ替わりで宮部 愛芽世さんが
入部されたので、同じ舞台ではプレーできないんですね。

姉妹でゲームをしているところを見てみたいですけどね^^
二人揃ってオリンピックに出る日が来たら嬉しいですね^^

姉の宮部 藍梨さんは、1年生で優勝を経験していて、
宮部 愛芽世さんも「姉が達成したことは自分も達成したい」
とおっしゃっているそうです!

そんな妹の性格を、「負けず嫌い。私への対抗心がある」
分析していました。

逆に妹の宮部 愛芽世さんは、「私は姉に比べて背が小さく下手。
私にしかできないことをしたい」とのこと。

お姉さんの背中を追いかけてるんですね^^
なんだか、とてもいい関係ですね^^

関連記事:鍬田憲伸のプロフ!出身中学や進学先の大学はどこ?彼女はいる?

まとめ

姉妹揃って、優秀な選手なんですね^^

まだ高校1年生。
伸びしろだらけで、これからの成長が楽しみですね^^

うわ〜ワクワクします^^
もうすでに、来年(2019年)の春高バレーが待ち遠しいです笑

 

スポンサーリンク


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です